header画像

将来の夢のためにワーキングホリデーで滞在するという考え方

海外で一定期間休暇を過ごし、その間滞在費として必要なお金を稼ぐために働くことが認められる制度を「ワーキングホリデー制度」といいます。 現在のところ日本との間にワーキングホリデー制度が取り入れられている国はイギリスやカナダなど12カ国となっています。 その中に台湾も含まれており、台湾生活が未経験なのでワーキングホリデーを活用して台湾に滞在したいという方にとって最適な制度となります。

台湾でワーキングホリデー制度を活用したいと希望している方は一定の要件を満たしていることが条件となります。 例えば申請時の年齢が18歳以上かつ30歳以下であるということ、1年を超えずに台湾で主に休暇を過ごす目的があること、現在有効なパスポートを所持していること、台湾で滞在時に必要な資金を十分持っていることなどがあげられます。 これらの条件を満たす方が必要書類を添えて最寄りの申請場所に直接本人が申請することになります。 必要書類はワーキングホリデー査証専用申請書、履歴・台湾での活動概要、パスポート、カラー写真、資金証明となるトラベラーズチェックや銀行残高証明書などです。 午前中の申請で不備がなければ翌日の午前中には発給されることになります。

ワーキングホリデー査証の期限は最初に180日間のビザが発行され、更新手続きを行うことで更に180日間の延長が認められることになりますので合計1年間となります。 この制度によって台湾に滞在している機関は労働許可が認められますが、1年間全て就労することは原則的に認められませんので注意が必要です。

このページの先頭へ