header画像

小売業台湾進出とそこで勤務できる可能性

日本の小売業の中には国内で成功を収めたことで、更なる飛躍を目指すために海外へ進出するケースがあります。 中には海外初進出先として台湾を選択する企業も存在しています。 特にファッション小売業界では台湾を進出先に選択する場合が多いです。 その理由としては、将来的には中国での市場開拓を視野に入れていることが台湾を選択している場合があります。

台湾は親日であることでも知られており、進出する日系企業に対しても好意的に受け取られています。 そのため新規参入をした企業においても、大きな失敗が少ないというメリットも考えられます。 将来的には中国へ進出することを目標としている企業が多いですが、直接中国へ初進出する企業は少ないようです。 その理由としては、中国は反日感情が強く不安要素が多いこと、商習慣を理解しにくいことがあります。 まずは中国と公用語や文化が非常に近い台湾に進出することによって、中国ではどんな反応が考えられるか試したいという事も 想定しています。

台湾で仕事をしたいと考えている方にとっては、こういった小売業の台湾進出の動きは非常に大きなチャンスとなり得ることです。 日本から台湾に赴任するという形で働くことができるため、現地で仕事探しの苦労を味わうこともありません。 今後も中国や世界各国への進出を視野に入れた小売業が台湾へと進出することが予想されますので、動きを見逃さないように常に情報収集することをおすすめします。 転職活動を行う場合は転職エージェントに登録しておくと情報を仕入れやすいのでおすすめです。トップページをご覧ください。

このページの先頭へ