header画像

大卒で日本語教師ならビザも取りやすい

台湾で仕事をすることを希望している方の中には日本語教師をしたいという夢を持っている方が多いですが、実際にはどのようにして仕事に従事することができるのか確認してみましょう。

台湾は親日で知られていますが、都市部では大学や日本語教室も存在していることから日本語教師の需要もあることは間違いありません。ただし、日本語教師として仕事をしたいと希望する方が多いのも事実です。 必ずしも希望した時に日本語教師の求人があるわけではなく、欠員が生じた時に求人が出される場合が多いためある意味現地採用の結果はタイミングが合った時の運次第ということになります。

台湾で日本語教師の仕事をするためには、日本語教師の資格を得たり、日本語教師育成講座を受講することが望ましいと言われています。また、大卒が条件となります。

中には日本語教師の資格や経験を問わずに、未経験の方でも採用されるという学校も存在しているようですが、採用される可能性は本当に低いといえます。日本語を話すことができるという点では日本人なら誰でも持っているスキルですが、肝心なのは人に教えるスキルを持っていることです。

中国語を全く理解することができなく、話すこともできない方の場合は教えるスキルが明らかに不足しているため日本語教師としての仕事を続けることが難しいですね。仕事をしたいと考えている方は、基礎的な中国語を身につけること、積極的に求職活動をして雇用先を探すことが大切です。タイミングを失うことがないように、可能な限り情報収集を行うようにしましょう。

このページの先頭へ