header画像

IT企業への就職の可能性は結構高い

今や台湾はIT先進国とも呼ばれており、世界各国のIT関連企業が台湾へと進出しています。特にパソコンをはじめとするIT関連機器については台湾製品が世界各国に向けて生産されており一時は世界のPC市場の7割を生産していた事もあるほどです。また、かつてはADSLが急速に普及したこともIT先進国と呼ばれる所以となっています。台湾への進出を足がかりとして、中国への進出を目指している日本企業も多いことから、今後も新しい企業が進出して雇用の機会が増えることも期待されています。

このような流れの中で、台湾に進出する日本の企業も増えています。例えば大企業のグループ会社として法人を設立する会社もあります。IT関連事業を手がける日本企業が台湾に進出することで、高い知識と技術力を武器に様々な職種において活躍する方が増えています。

急速にIT事業で発展を遂げている台湾で仕事をしたいと希望する方は、直接台湾で現地採用となる求人を探すという方法、または、台湾に進出している日本企業に勤務して台湾に赴任するという方法を選ぶ方かどちらかです。

台湾で現地採用されるにはまず就労ビザ取得が必要になってきます。就労ビザの申請を行うのは台湾企業や台湾にある日系企業になりますので、まずは雇用先を見つけなければ仕事をすることもできない状況になります。日本で勤務実績のない新卒の未経験者の場合は就労ビザを取得することが難しい状況にあるため、経験者むけのみ求人が出ています。

このため、どちらかというと日本から台湾へ赴任するという形の方が働きやすい環境であると考えて間違いないです。台湾赴任の求人(駐在員)はそう多くありませんがチャンスがあれば情報を集めていきましょう。または台湾の営業所へ異動願いを出すなど可能な会社も視野に入れて。

いずれにしても、積極的に就職活動をしなければ台湾で働く夢を実現することが難しいので台湾進出してるIT企業の情報収集をすることからスタートです。

このページの先頭へ