header画像

外食産業も日本文化が入ってきています

日本企業が台湾に進出するケースが増えていますが、最近はラーメン屋や居酒屋などの飲食業が進出するケースが増えています。

台湾に進出するラーメン屋の特徴としては、日本でも連日長蛇の列ができる有名ラーメン店が出店していることが多いです。 それぞれ独自の味を極め、台湾の方にも受け入れられると確信できる有名ラーメン店が続々と進出しています。 最近は台湾のラーメン戦国時代とも呼ばれるほど出店ラッシュとなっており、「ここは本当に台湾なのか?」と思えるほど日本のラーメン屋が数多く存在しています。 実際に台湾の方からも好評で、「日本に来日した時に食べた味が忘れられないので早く出店して欲しい」と望む声も多いそうです。

居酒屋についてもラーメン屋と同様に、日本で成功を収めた居酒屋チェーンを中心として台湾に進出しています。 日本食や居酒屋文化が一般の方にも浸透していることで日本の居酒屋が出店するケースが増えています。 日本とは若干異なり、お酒を飲むことなくお食事だけを楽しむ家族連れなども多く、幅広い顧客層に支持されています。

このように飲食業においても活発に台湾への進出が見られることからも、台湾で仕事をしたいと考えている方にとってはチャンスになる可能性が高いです。 海外勤務は未経験の方であっても、日本の飲食業界に勤務していた方が台湾進出の際に転職に成功したという事例もあります。 ただし接客業になりますので、現地の公用語である中国語で堪能に会話することができる方が望ましいと思われます。

このページの先頭へ