header画像

日本人が台湾で就きやすい職業や会社とは?

日本人が台湾で働きたい場合はまず就労ビザの課題があるので、ともかく日本企業の海外赴任で行くのが一番近道となるのは御存知の通りです。つぎに台湾で日本人が起業した会社や、ショップ、お店などとなっていきます。最後に台湾の現地企業や学校などとなりますが、資本金や事業内容によって外国人労働者の枠が制限されるケースがあり、企業が正規の手続きでビザを取得してくれることは少ないと思っておくべきでしょう。

就きやすい職業といえばIT関連業、ソフトウェア、WEB系、IC関係、ハイテク産業は強いですね。また製造業も近年の日本国内での企業の業績が上がっていることから台湾支社設立も増え、そのからみで求人が出てくる可能性もあります。この変は景気の影響を受けやすいでしょう。

それから日本語関係の仕事(日本語教師、情報誌、翻訳)はタイミングがあえばあります。それと貿易関係の営業職、事務職などは比較的コンスタントに求人が出ています。

”日本人だから採用”の台湾求人はやはり日本の会社

活かせるスキルが無い人でも日本語力と日本社会の中での仕事のやり方に慣れている人であれば採用の可能性があるのが”ココ”です。つまり在台湾の日本の会社に雇ってもらうということです。

日本国内で働くのとそう変わらない働き方が期待されている求人を探すことになります。営業をかける先が日系企業を対象としている会社です。必然的に日本語での営業トークや、説明、電話対応、接客対応が必要になるので、日本人が採用されるわけです。台湾企業へ就職したいと思うよりも近道であることは間違いないでしょう。

日本人が台湾で就きやすい職業メニューです

IT産業の先進国・台湾に進出している日本の企業
今や台湾はIT先進国とも呼ばれており、世界各国のIT関連企業が台湾へと進出しています。特にパソコンをはじめとするIT関連機器については台湾製品が世界各国に向けて生産…つづきはこちら

海外初進出先として台湾を選んだ日本の小売業
日本の小売業の中には国内で成功を収めたことで、更なる飛躍を目指すために海外へ進出するケースがあります。中には海外初進出先として台湾を選択する企業も存在して…つづきはこちら

ラーメンや居酒屋など台湾に進出した日本の飲食業
日本企業が台湾に進出するケースが増えていますが、最近はラーメン屋や居酒屋などの飲食業が進出するケースが増えています。台湾に進出するラーメン屋の特徴としては…つづきはこちら

台湾で日本語教師の仕事をするには
台湾で仕事をすることを希望している方の中には日本語教師をしたいという夢を持っている方が多いですが、実際にはどのようにして仕事に従事することができるのか確認して…つづきはこちら

このページの先頭へ