header画像

人材紹介の流れ

台湾で働くための人材紹介の流れはどのように進んでいくのでしょうかチェックしてください。

まず、台湾での就職あっせんを行っている人材紹介サービスに無料登録をします。(TOPページ参照)

個人で求人募集をしている会社を見つけて、やり取りをするのは大変ですし、時間がかかります。就職のプロに任せた方が効率よく就職活動を行えますので、積極的に活用しましょう。

人材紹介サービスでは、台湾の企業(日系含む)と契約を結び、欠員が生じた時や特定の人材が求められる時に、求人情報を細かく設定し日本人に紹介するシステムを組んでいます。

台湾企業の求人の場合

台湾企業から求人があると、求められる条件やスキル、学歴や職歴などを考慮した上で登録している人の中から、条件が合致する人にその求人が通知されて、その後の企業と求職者との面接や必要書類提出などの段階に進んでいく流れです。

企業もある程度高いレベルの学歴やスキルを求めていることが多いので、自分の持っているスキルを確認して積極的にアピールしていくようにしましょう。特に、中国語のスキルは最低条件として必要になりますので、注意が必要です。

台湾企業の場合は基本的に面接を本社で行いますので、自費を使って台湾に渡って滞在中に面接するなどの手配が必要になってきますので、ご注意ください。

日系企業の求人の場合

こちらも同様で欠員の時や、あらたな人員募集のときに人材紹介サービス経由で求人募集がかかります。日系企業なので日本国内で面接など行える場合もあります。

書類等は人材紹介サービスを介して提出してくれたり、面接の日取りを決めてくれたりします。採用通知があれば入社して台湾に渡航する流れとなります。

新たな可能性を求めて海外で働く日本人が増えています。
様々な国にその活躍の場がありますが、日本から近く、住みやすいところとして台湾も人気の国の1つです。
人々の優しさや、ITや理系に強い台湾企業の魅力に惹かれる人も少なくありません。
とは言っても、日本国内のようには求人情報や職業紹介をするところを見つけるのは難しいので、なかなか就職活動をスムーズにできない、という心配もありますので、今はネットを使った人材紹介サービスを使っていく流れがとても有効ですね。

このページの先頭へ