header画像

台湾で働き生活するための1つの手段、「現地採用」

現地採用で台湾で働くことを視野に入れている方はどのような方法をとるべきなのか確認しておきましょう。 現地採用といえば台湾の企業で働く事と、台湾にある日系企業で働く事をめざすものです。(他に海外の企業で働く事も含まれます)

就労ビザが必要
まず台湾で仕事をするにあたって必要になるのは就労ビザです。就労ビザを取得する際には基本的に職歴が必要となりますので、どこにも就職したことがない新卒者の場合は現地採用が難しいと思われます。新卒採用で教育までしてくれる求人を見つけるのは困難だと思います。

日本国内で職務実績があるという方でも海外で働くことは未経験という方でも、過去の経験を活かせる仕事であれば現地採用を期待することもできます。台湾で現地採用をする企業としては、即戦力で仕事に従事してくれる人材を求めていることからも、日本国内で実績を重ねている方であれば積極的に採用する傾向があります

日本人が現地採用されやすい職種(台湾の求人が出ている職種)としては、営業職や理系出身のエンジニア職です。これらの職務履歴がある方に関しては需要が高く、他の職種に比べると優遇して採用される傾向があります。台湾での求人案件も比較的安定していることから、現地採用の期待も高くなると考えられます。

この職種以外の仕事に関してはあまり多くの求人案件があるとはいえません。台湾の経済状況も決して良いものとは言い難いことから、日本よりも高い報酬を得られたり簡単に仕事が決まるとは言えない場合が多いです。

台湾企業で働く際の中国語のスキル
台湾で仕事をするにあたって、ビジネス上で意思疎通がとれるレベルの中国語会話能力が必須とされています。これも現地採用の台湾求人ならではの条件で見られます。 中国語を全く話すことができないという場合は現地採用も難しくなる可能性が高いので、渡航前に必ず確認しておくようにしましょう。

日系企業で働く際の語学力
日系企業で働く場合は日本語での疎通が主となりますので、それ程英語力や中国語力は問われない場合もあります。(ポジションや職種によってですが)駐在員と台湾人スタッフの仲介役的な管理職、中国への出張等が多い仕事では英語力が必要となる場合が多いです。求人情報の条件欄を確認するようにしましょう。

現地採用までの流れとは

当サイトでは基本的には人材紹介会社に登録して求人情報を収集していくことをオススメしています。勿論、台湾に人脈がある人や、既に台湾に住まいを確保して現地で就活が出来る人はそれでも良いと思います。

まず人材紹介会社に登録してください。そうすると台湾の求人情報を仕入れる事ができます。そして気になる企業があれば人材紹介会社のエージェント(転職コンサルタント)経由で、面接の申し込みをすることになります。

まれに日本で面接を行ってくれる企業もありますが、基本的には台湾に渡航して面接をこなしていきます。なので1社だけでなく数社の面接日程を抑えたほうが効率がよいです。期間としては2~3週間がおすすめです。となると、いま現在働きながら台湾の現地採用への転職活動を行うのは難しいかもしれません。

このページの先頭へ