header画像

中国語が重要、企業によっては英語、日本語でOK

台湾で働く場合に気になるのが語学力です。海外で仕事をするにあたってその国の言葉を理解することができ、自分でも話をすることは必要不可欠となります。台湾の場合は公用語となっている中国語の会話力が求められますが、どの程度のレベルが求められるのか確認してみましょう。

台湾では様々な職種の仕事がありますが、中国語を使用する機会は非常に多いことからも日常会話レベル以上は必要になると思われます。ビジネス上の取引における専門用語も必要になる場合もありますので、場合によってはビジネスレベルの会話力が求められる場合もあります。

中国語が全く理解できないレベルの場合は現地スタッフや顧客とうまくコミュニケーションを図ることができないことが想定されます。中には日本語を堪能に会話できるスタッフが存在している企業も多いことから、コミュニケーションを図る分には困らないというケースもありますが求人案件としてはあまり多くはありません。

台湾で働くとしても日本企業、日系企業への転職の場合は中国語を使わないケースが見られます。逆に日本語が堪能な台湾人を雇用している場合もあるからです。

英語力に関しては台湾企業の場合あまり重要視されない傾向があります。「英語力が全くないよりは、ある程度あった方が良い」という認識である企業が多く、英語力がなくてもあまり支障がないことが多いです。ただ職種によっては英語力がある方を優遇して採用する場合もありますので、事前に確認しておくことが大切です。

台湾で働く場合に最も重要視されるのが中国語です。特に現地採用に関しては中国語が全く理解できないという方の場合は非常に採用が難しいことが想定されますので、ある程度学習しておかなければいけません。

このページの先頭へ